ゆーぼけるなについて

高齢者支援として、一緒に勉強したり遊んだりして楽しめるコミュニティーサークル「ゆーぼけるな」を運営しています。

フレイル終活

活動の背景

ワッシィー
ワッシィー
私自身が60歳を過ぎて、終活やフレイル予防に興味があったので少し勉強していたのですが、一人でやるよりみんなでやれば楽しくないか?と思ったのです。

健康寿命を伸ばすためには、頭を使い・体を動かし・バランスよく食べ・よく眠り・よく働き・よく遊ぶ ことが重要ですが、会社員をしていた頃を振り返るとこれができておらず生活習慣を正しく変えていかないと寿命は伸びても病弱になってしまうので、自分がフレイル予防に取り組もうと思ったのです。

そこで「一人でやるのは面白くない」し自分のフレイル予防が「誰かのためになればいいなぁ~」と思い、まだまだ誰かのために働ける年齢なので行政とタイアップして地域貢献として活動しよう!と考えました。

なぜフレイル予防が重要なのか

フレイルは高齢者にとって避けられない問題ですが、適切な予防策を取ることでその進行を遅らせることができます。
フレイル予防の重要性について詳しく説明しますので、コチラのページを参照くださいネ。

なぜフレイル予防が重要なのか?

ゆーぼけるなの設立経緯

ゆーぼけるながどのような思いで設立されたのか、創設者のビジョンや目的を紹介します。このサークルの成り立ちとその意義について語ります。

運営者のビジョン

2025年には団塊の世代の方が75歳を迎え超高齢化社会になります。そうなると尼崎市も3人に一人が高齢者となるので、高齢者が元気でないと行政が崩壊してしまいます。高齢者が元気でいつまでも経済活動に参加している街明るく強い街を作りたい!と思っています。

高齢化時代は、高齢者が中心になって活性化させないといけませんね(笑)

活動内容とプログラム

具体的な活動内容の紹介

「ゆーぼけるな」は、

月に一回 月末の日曜日に講義を開催しています。

場所:尼崎市大庄北生涯学習プラザ
時間:14:00~15:30

講義内容はフレイル予防&終活支援です。
皆さんからやりたいことのリクエストを受け付けて、実際に取り組んでいます。

具体的には

パソコンゲームでゲーム大会

ご自身のパソコンでいろんなゲームを作り、高齢者支援をされている木島先生とタイアップ。
今回は季節に応じたクイズなどで頭の体操をしながら、みんなで童謡や昭和歌謡の歌詞の意味などを勉強しながら歌って楽しみました。

また手話を勉強されている方がいて、手話で歌ってくださいました。

ゆーぼけるな

の日々の活動内容について詳細に説明します。週に何回どのような活動を行っているのか、具体的なプログラムやアクティビティを紹介します。

フレイル予防のためのプログラム詳細

フレイル予防を目的としたプログラムの詳細

運動プログラム:ストレッチや体操

講師は、尼崎市武庫之荘で「便利屋」を営む西野清さん!

西野さんは、仕事柄屋根の上がって瓦の点検をしたり、木にはしごをかけて高枝を切ってほしいなどの依頼を受けて応援に行く「便利屋さん」の仕事をされています。

仕事に掛かる前に準備体操として取り組んでいるストレッチや呼吸法の話をしてくださり、みんなで実践してみました。

普段使わない筋肉をストレッチすることで、「なんかスッキリしたぁ~」と好評を頂いています。

栄養指導:手軽なスムージー教室

スムージー教室

ほうれん草・小松菜・青梗菜などの青物の葉野菜を使ったスムージーの作り方を教えてもらいました。

講師は、大阪高槻でカフェーを営む小野千鶴先生で、腸の活動・酵素の力・食物(野菜)の力について教えていただき、人間の体の不思議について食生活の重要性について学びました。

、趣味活動など、多岐にわたる取り組みを具体的に説明します。

スマホ教室:高齢者のスマホ活用法

スマホ教室

尼崎市社会福祉協議会大庄支部とタイアップして、大庄老人クラブの皆さんとスマホ教室を開催!

スマホの基礎(文字入力・音声入力)やLINEなど一緒に勉強しました。

スマホの基礎が理解いできれば、次はオトクに使う方法を勉強して電子決済(あま咲コインやPaypay)や安全な情報提供を勉強して行こうと考えています。

高齢者を巻き込んで詐欺や情報犯罪が横行するので皆さん危険回避のためにスマホを使いたくない!という考え方もあります。確かに「触らぬ神に祟りなし」という危険回避もわかりますが、これでは情報弱者をターゲットにした犯罪が増えるだけではないでしょうか?

情報は鵜呑みにするのではなく、何事も善悪の判断ができるようになりたいと考えています。

活動の効果と参加者の声

「ゆーぼけるな」は、高齢者の引きこもりの防止と言う考え方もあります。

参加することで近所に顔見知りの友だちができて、見回り活動にも一役買う効果も期待しています。高齢になると行動範囲が狭まるので友達ができにくい現状にあります。
話をする相手もなく、1日中塞ぎ込んでいては友達作りどころか楽しくありません。

人生の後半戦をどう生きるかは皆さんが考えることですが、「ゆーぼけるな」は行政とタイアップして皆さんの楽しみを創って行く活動をしています。

そして「ゆーぼけるな」・行政 そしてあなた!が一緒になって楽しい街作り活動をしていきたいと考えています。

参加方法と参加者の声

 

参加方法の説明

ゆーぼけるなに参加するには、電話かメールでご連絡を下さい。

開催場所は 尼崎市大庄北生涯学習プラザ
日時は 毎月最終日曜日 14時~15時30分 です。

 

実際の参加者の感想や体験談

 

 

実際にゆーぼけるなに参加している高齢者の方々の感想や体験談を紹介します。参加者がどのように感じ、どのように変わったのかを具体的に伝えます。

参加者同士の交流の様子

参加者同士がどのように交流し、支え合っているかを紹介します。サークル内での友達作りやコミュニティの形成についても触れます。

フレイル予防の重要性

フレイルとは何か

フレイルの定義と概要

フレイルの基本的な定義とその概要を説明します。フレイルがどのような状態を指すのか、高齢者にとってどのようなリスクがあるのかを明確にします。

フレイルの原因と影響

フレイルの主な原因とその影響について詳しく解説します。運動不足、栄養不足、社会的孤立などがフレイルにどのように影響を与えるのかを説明します。

認知症や痴呆症との関連性

フレイルと認知症や痴呆症の関連性について詳しく説明します。フレイル予防が認知症予防にもつながる点を強調します。

効果的なフレイル予防法

身体的活動の重要性

身体的活動、特に運動の重要性について説明します。具体的な運動プログラムや日常生活で取り入れられる簡単なエクササイズを紹介します。

心理的・社会的活動の重要性

心理的・社会的な活動がフレイル予防にどのように寄与するのかを解説します。趣味活動やコミュニティ活動の重要性について詳しく説明します。

食生活と栄養の重要性

バランスの取れた食生活と適切な栄養摂取がフレイル予防にどれほど重要かを説明します。具体的な食事例や栄養素の紹介を行います。

最新の研究と統計データ

フレイル予防に関する最新の研究紹介

フレイル予防に関する最新の研究結果や学術論文を紹介します。科学的な裏付けをもとにフレイル予防の重要性を説明します。

高齢者のフレイルに関する統計データ

高齢者のフレイルに関する統計データを示し、具体的な数字で問題の深刻さを伝えます。グラフやチャートを活用して視覚的に説明します。

日本および世界のフレイル予防の取り組み

日本国内および世界各国でのフレイル予防の取り組み事例を紹介します。成功事例や先進的なプログラムを通じて、フレイル予防の可能性を示します。

地域社会との連携

行政との協力

行政との連携方法

地域課や社協との協力方法を具体的に説明します。行政支援の取り付け方や、その支援を活用した活動の進め方を紹介します。

行政支援の取り付け方法とその効果

行政からの支援を得るための具体的なステップと、その効果について説明します。行政支援がどのように活動を助けているのかを示します。

公共事業としての展開

フレイル予防活動を公共事業として展開するための方法を説明します。地域社会全体での取り組みを促進するためのアイデアを紹介します。

企業とのパートナーシップ

企業の広告宣伝を兼ねた講義の依頼方法

企業に対して講義を依頼する際の具体的な方法を説明します。企業の広告宣伝効果を兼ねた講義の企画方法やメリットを伝えます。

企業スポンサーの募集とメリット

企業スポンサーの募集方法とそのメリットについて説明します。企業側にとっての利点を明確にし、スポンサーシップの魅力を伝えます。

企業の参加による地域社会への貢献

企業がフレイル予防活動に参加することで、地域社会にどのように貢献できるかを具体例を交えて説明します。

地域のイベントとコラボレーション

地域イベントへの参加と協力

地域で開催されるイベントに参加し、協力する方法を説明します。イベントでの活動がフレイル予防にどのように役立つかを伝えます。

他の地域団体やサークルとのコラボレーション事例

他の地域団体やサークルと協力して行ったコラボレーション事例を紹介します。成功事例を通じて、共同活動の効果を示します。

地域全体でのフレイル予防推進活動

地域全体でフレイル予防を推進するためのアイデアや具体的な取り組みを紹介します。地域住民全員での活動を促進します。